came-life

写真とカフェと、時々散歩

梅ジュースその他いろいろ

ご訪問いただきありがとうございます。

 

春先に戻ってしまったかのような寒さ。

片付けてしまったこたつを懐かしく思う、

そんな肌寒さですね。

そして雨のせいかからだが怠い…。

気圧にやられたのか......。

明日はもっと冷えるみたいだし、

せめて毛布は出して寝ようかな…。

寒暖差にやられて風邪を引かぬよう、

しっかりからだを暖めてから

お布団に入ろうと思います。

 

一週間の間に、良さそうな梅を見つけては

買ってきて梅を漬けていました。

まず最初は梅ジュース。

青梅を2キロ買ってきて、

ひたすら梅を洗い水けをふき取り、、、

という単純作業を繰り返しました。

 

<梅ジュースの材料>

◇青梅・・・1キロ

◇氷砂糖・・・1キロ

◇お酢(好みで)・・・100㏄

◇3リットル瓶

 

     f:id:tsuki_neko:20180615195904j:image

 

梅ジュースは材料もつくり方も単純なので、

瓶の消毒と梅を丁寧に洗って乾かすことさえ

やってしまえば(それが面倒だけど;)

瓶へ詰める作業は一瞬で終わります。

あとは梅雨が明ける頃に美味しいジュースと

なっているはず.......!

 

     f:id:tsuki_neko:20180615195932j:image

 

今回、量をたくさん作りたくて、

横着して4リットル瓶で2キロの梅ジュースを

作ろうと試みましたが、

梅が途中で入らなくなり

梅が400グラム程余ってしまう、、という事態に。

仕方がないので余った梅を今度は小瓶に入れて、

梅醤油を作りました。

 

     f:id:tsuki_neko:20180615195951j:image

 

 

これは梅の量と醤油の分量を1:1にして

瓶に入れるだけ。

お醤油は1か月も置けば使えますが

半年程置くと梅も食べられるようになります。

お豆腐にかけて食べたり、

鍋に使ったり

香りが良いのでとても美味しいです。

 

そして最後、煮梅です!

これは我が家で毎年作っているもので、

元々は亡き祖母が毎年作ってくれていた

思い出の味でもあります。

青梅を三温糖で3時間くらい煮詰めて、

じっくり丁寧に作ります。

火の調整や時間の見方が難しいので、

煮梅を作るときは母と一緒に作ることにしています。

今年もお願いして一緒に作ってもらいました。

 

 

1キロしか煮ていないからきっとすぐに食べ終えて

しまうでしょうけど、

しばらくはヨーグルトに入れたり、

楽しんで食べられそうです。

 

     f:id:tsuki_neko:20180615200052j:image

 

ところで梅って

すごく健康に良い食べ物だって知っていましたか?

疲労回復や夏バテに効くだけじゃなくて、

美容にもすごくいいんです。

梅が出回っているうちに、

あと何キロか漬けたいな~と企んでおります!