came-life

写真とカフェと、時々散歩

映画「大人ドロップ」の感想とロケ地:伊豆の写真

ご訪問いただきありがとうございます。

 

先週末から続いていた体調不良にやっと解放され

普通に活動出来るようになりました。

体調悪い日が何日か続くと、

「もしやずっとこのままなのでは........?」

と不安になる豆腐メンタル。

元気になった途端、

弱気の波をけろりと忘れてしまうので、

我ながら毎回めんどくさい性格だな〜、、

と思っています。笑

 

体調に関してのネタでもうひとつ、

先日のことですが

自然派のカフェに行って玄米ごはんを久しぶりに

食べた夜のこと。

お腹が張って胃が重たくてしんどかった。。

昔から玄米ごはんを食べると胃腸の調子を崩すので

ここ数年は控えていたんですが、

久しぶりだし大丈夫かな、、、

と思って食べてしまったんですよね.......。

体質に合わないものは控えないとダメですね。

今度同じお店に行くときは気をつけよう。。

 

さてたまには映画のネタを。

遡ること2014年の2月。

 

春を先取りしようと出掛けた伊豆への小旅行で

行く先々の駅に貼られていた映画のポスター。

 それが 「大人ドロップ」 でした。

 

ポスターに魅力があったのか、

たまたま訪れた伊豆が舞台だったからなのか、

もう理由なんて忘れてしまったけど

公開前のその映画をなんとなく観たくなり

そして2年後。

 

ふと、映画のことを思い出し

ツ○ヤでレンタルし雨降る休日に観ました。

 

映画の内容はいわゆる青春ドラマ。

高校生4人が主人公の物語で、

友達同士なのに1人の女の子を好きになってしまったり、

でも実は本当に好きなのは違う相手なのだと

最後に気付かされたり、

10代の微妙な恋心が描かれています。

映像がきれいで淡々とストーリーが流れていくのですが

内容的に少し重たい展開もあります。

でも全体的にはすごくすっきりまとまっていて、

池脇くん演じる浅井くんの告白シーンは

観ていてじーんとなるし、

「あとはご想像にお任せ」な 

ラストシーンは思わず頬が緩んでしまいます。

 

観終わったあとの感想は、

「久しぶりだな~こんな気分」

いろんな意味で感傷的になりました。

甘酸っぱいようなもどかしいような、

そんな気持ちになりました。

 

高校生の恋愛ってこんな感じなんだ〜

とかそんなことを考えつつ、

ラストがわたしの中ではしっくり来たので

余計ににやけてしまう。

 

 ちなみに主演は最近硬派な池松くんなのですが、

最近では珍しく素朴な高校生の役を演じていて、

いい味出してます。

池松くんが作り出す世界にすっかりハマってしまいました。

 

青春ストーリーで甘酸っぱい気持ちに

浸りたい方は是非。

そしてとにかくラストが素敵なので、

途中退屈でもなんとか最後まで観て欲しいと思います。

 

写真は2014年の2月に行った伊豆下田と河津桜。

都内からは意外と遠いですが、

とても良いところでした。

また行きたいな。

 

それではまた明日。

  

f:id:tsuki_neko:20180821171947j:image
f:id:tsuki_neko:20180821171950j:image

f:id:tsuki_neko:20180821172006j:image